takashimaya-tomonokai
高島屋が大好きな方へ!高島屋でのお買物をもっと楽しみたい方へ!
歯科医師が運営する歯科専門求人サイトの転職希望者集客プログラム【ディースタイル】

ディースタイル 歯科医師が運営する歯科専門求人サイトはコチラ!

歯科医師が運営する歯科専門求人サイト【ディースタイル】



当サイトは、歯科医師が運営する歯科専門の求人メディアをお伝えします。

“d.Style | ディースタイル”は、

今よりも良い医院をお探しの歯科衛生士の皆さま!

社保完備率9割!優良求人多数!

スキルアップにも役立つ情報満載!しています。

ぜひ、当サイトをご活用ください!

社保完備求人9割以上!歯科衛生士の就職、転職、再就職なら
【d.Style | ディースタイル】

d.Styleは歯科のための、あたらしい情報・求人・教育メディアです。

歯科医療の「今を知る」最新情報

医院の良さを「感じられる」求人情報

歯科医師提供の教育コンテンツ

あなたのStyleでステキな転職を

求人検索→1クリックで応募完了!

SNS感覚でエントリー キャリアサポートも受けられます

 

よくある質問

キャリアサポートって何をしてもらえますか?

専任のアドバイザーがあなたの希望条件にあった求人情報をお探しし、応募書類や面接へのアドバイスをします

キャリアサポートに費用はかかるのですか?

登録~転職相談、面接アドバイスなど全てのサービスが無料です。

d.Styleにはどのような求人が多いのでしょうか

歯科衛生士・歯科助手を中心に、歯科医師・歯科技工士・事務長など歯科の求人全般が掲載されています。全国の求人を扱っておりますので、お住まいの近くの医院を探せます。

他の求人サイトに登録しているけど大丈夫ですか?

複数の求人サイトに登録されていても問題ありません。各社独自の求人情報がある場合もあります。ただしどの医院に応募したかは、ご自身で管理していただくことをおすすめします。

歯科医師が運営する求人サイト!歯科衛生士の就職、転職、再就職なら
【d.Style | ディースタイル】

キャリアサポートの流れ

登録フォームに必要事項をご記入ください。専任のアドバイザーよりご連絡いたします

STEP1 ご要望のヒアリング

専任アドバイザーがあなたのご経験やご要望をお伺いいたします

STEP2求人情報提供

ご要望に応じた求人情報を提供いたします

STEP3 応募

d.Styleで応募手続きをお願いいたします。

STEP4 面接・内定・入社

応募書類作成が面接にあたってのアドバイスも可能です。

 

安心キャリアサポート付!歯科衛生士の就職、転職、再就職なら
【d.Style | ディースタイル】





優良求人多数!歯科衛生士の就職、転職、再就職なら
【d.Style | ディースタイル】

d.Styleは

“歯科で働く希望と可能性をあなたに”を

テーマに歯科医療の最新情報や求人をお届けします。

キャリアサポート、スキルアップに役立つ会員限定コンテンツも全て無料で利用可能です。

詳細ページ公式ページ

最後まで、ご覧いただきまして、ありがとうございます。

WHITE CROSS | ホワイトクロスは、全国の歯科医師が登録する 国内最大級の歯科医療従事者向け情報サイトです。

WHITE CROSSは、温故知新を旨に、ICTの力を活かし、“歯科医療従事者(WHITE)を交差(CROSS)させていく”ことで、現在より5年後、5年後より10年後の歯科医療の社会的価値を高めていくことを目指しています。

歯科衛生士と歯科助手の違い

歯科衛生士と歯科助手の違い

歯科助手(歯科アシスタント)は、受付事務や診療のための雑務を担当する仕事です。
歯科衛生士のように国に認められた資格はありません。
そのため、スクールなどで独自に作った資格を1~2年制のコースで取り、学んでいます。
歯科医療の現場では、歯科衛生士が不足しているので歯科助手がその穴を埋めているといわれています。
しかし、歯科助手のスクールを卒業してから、本校に入学する学生がいます。学生達は、歯科衛生士の資格について知らなかったり、歯科助手になってみて歯科衛生士と待遇が大きく異なっていたり、歯科衛生士に比べ業務範囲が少なく雑用ばかりであったりという場面に直面し、歯科衛生士資格の重要性に気づきます。
さらに、歯科医療を体系立てて学んでいないため、医療事故に繋がる危険性が高いといわれています。
感染症についての知識も少ない歯科助手は、職場で器具の片付け等により、肝炎などに罹ってしまうこともあるようです。

「歯科衛生士」は、歯科衛生士法に基づいた国家資格であり、その資格取得について修業年限、時間数、必修学科目が明確に規定され、医療人としての業務、地位が保障されています。
それに比べ「歯科助手」は、これらについて何ら法的な基準はありません。従って、医療行為を行うことができません。事務・雑務等の、資格を必要としない業務を行えるだけなのです。このように「歯科衛生士」(医療業務従事者)と「歯科助手」(一般事務職)とでは、大きな違いがあります。上の表を今後の志望決定の際、参考にしてみてください。

歯科衛生士 歯科助手
資格 歯科衛生士(国家資格) 法第204号 公的資格なし。民間資格が数種類あるが、
特に必要ではない。
資格取得方法 厚生労働省指定の養成所等を卒業し、
国家試験に合格
各資格が定める
資格の定義 歯科衛生士法第1条、第2条 なし
監督官庁 厚生労働省 なし
養成所(学校)
の指定
歯科衛生士学校養成所指定規則
(厚生労働大臣指定)など
なし
修業年数 3ヵ年 数ヶ月~1年制
卒業単位数 93単位(2570時間以上)
うち臨床実習20単位(900時間)
法的定めなし
教育内容 歯科衛生士学校養成所指定規則による 法的定めなし
歯科医療業務(歯科衛生士法第2条)
  1. 歯科診療補助
  2. 歯科予防処置
  3. 歯科保健指導
歯科医療行為はできない。
これに違反した場合は罰則がある
(法第13条・第16条の2)
具体的な仕事内容 上記歯科医療業務 受付・事務・片付け・掃除等の
歯科医療業務以外の業務
平均月収 約25万円
(平均年齢35歳) ※1
約16万円 ※2

※1 厚生労働省「平成29年 賃金構造基本統計調査・企業規模計(10人以上)」結果より

※2 本校の求人調査より(2017年度)

<北海道にお住まいの方>
北海道ハイテクノロジー専門学校
歯科衛生士学科(3年制)

歯科衛生士の就職先

歯科衛生士の就職先

歯科衛生士の勤務先は、歯科医院をはじめ、大学歯学部・歯科病院(予防歯科、小児歯科、保存科、矯正科、口腔外科、など)、保健所などさまざまですが、圧倒的多数は、一般歯科医院へ就職します。
また、寝たきりのお年寄りを訪ねて口腔清掃やブラッシング指導といった口腔ケアを行う歯科衛生士もいます。このように歯の健康を守る「歯科衛生士」は今日の社会になくてはならない存在になっています。
平成20年3月実施の歯科衛生士国家試験から出題基準が改定されました。
写真や図版を見て答える問題や状況設定問題などが多数出題されました。これまで以上に臨床に即した問題が多く、
また状況を判断して解決する能力も問われるようになっており、在学中に今まで以上の実力を身につける必要があります。

新東京歯科衛生士学校

https://www.dh.ntdent.ac.jp/

 

優良求人多数!歯科衛生士の就職、転職、再就職なら
【d.Style | ディースタイル】